INTERVIEW社員インタビュー

航空機産業に関わっているという誇り

航空機産業に関わっているという
誇り

中村 麻由美 製造グループ 
2018年入社

新潟から世界へ。航空機産業への憧れ

航空機産業に関われるのはカッコイイ、という憧れと、地元の企業であるという安心感から、当社を志望しました。製造業ですが、組立作業なので、工場内は静かでクリーン、空調も効いているので快適です。入社後は、図面の読み方、マナーを学ぶ1週間の研修を経て、シーリング作業に配属されました。部品は凹凸や曲線など複雑な形状のものが多く、手ごわいです。これからも細部まで丁寧に作業を行っていきたいと思います。

コンマ1ミリ、コンマ1グラムもゆるがせにしない

シーリング作業後は、シール材に気泡は入っていないか、所定箇所からはみ出していないか、また隙間は残されていないか、合わせて汚れや傷はないかなどを、確認用のライトを使うなどして、細かく確認します。必要以上にシール材を使えば、その分の重さが加わるので、余計なものは排除します。航空機は軽量であることも重要なので、その部品製造でもわずかな重さでもゆるがせにはできないのです。

技術とコミュニケーション力を身に付けたい

シーリングは細やかな作業が多いことから女性社員が担当しています。チームの中に、作業の正確さやスピードだけでなく、メンバーをまとめ、他の部署ともコミュニケーションをとって、仕事をスムースに進めていく、すてきな先輩がいます。私もいつかはこうなりたいと思っています。多くの人の力がひとつになってこそ、いいものを造り出せる――そこを目指して頑張っていきます。

応募者へのメッセージ

何でも話せて風通しがよい、楽しい職場です!

工場内のモノの流れを掌握する

工場内のモノの流れを掌握する

小川 健作 業務グループ 
2008年入社

ドア製造に必要な資材の調達

2012年から製品生産に必要な資材の調達を担当しています。守備範囲は広く、資材の購入計画から、調達、進捗管理、予算や原価の管理、在庫管理、委託先の品質管理等様々です。受注したドアを部品へブレークダウンして協力会社に発注するのですが、その際、技術力、スケジュール、コストなどを勘案し、20社ある協力会社の中から発注先を決めていきます。一つでも部品が揃わないと製造が始められないので、適正な資材が納期通りに納品されるまでは気が抜けません。

数千万円をコストダウン

きっかけは、ある協力会社の納期が遅れがちになったことでした。同社の状況を聞き取り、合わせてその他の会社もチェック。当社からの受注以外に製造しているもの、年間スケジュールなどの現状の把握、新しい機械を入れた、人材を採用したなどの新しい情報を積極的に入手し、上司と相談しながら、より効率的な製造ができる会社に依頼先を変更しました。この決定は結果的に数千万円のコストダウンにつながり、私自身も大きな達成感を得ました。

効率化×可視化により安全性を向上

航空機部品の製造では、安全のため、厳しい品質管理が求められます。私が担当する委託先部品の品質記録もその一つです。すべての製品について材料や工程一つ一つの正確かつ綿密な記録が求められ、たとえば1枚のドアには何百点の記録を残します。その情報をクリアにし、社員に伝わりやすくし、合わせて協力会社管理にも活用できるようにしていきたいと思います。

応募者へのメッセージ

恐れずに挑戦し、失敗してください!
それが成長です!